入社前の研修として利用

2016年8月31日

7月に2人の医療事務の学習応募者が来ていただきました。

私の顧問先の内科の先生から、医療事務の経験者からの応募者が

中々来ないので、人物重視で採用した。

8月1日から現場で働いてもらう予定だから7月中にセミプロレベルに

育ててほしいと無茶振りされ、仕事を受けさせて頂きました(笑)

本来なら、医療事務の学習は、すべての診療科目を学習して頂く事

になっていますが、7日で卒業させなくてはいけないという使命が

あり、講師も困惑しましたが、何とか8月の就業に間に合う学習を

実施しました。1月経って、よくここまでのレベルに仕上げてくれた。

期待以上のレベルで仕事をしていただいている、と院長より感謝の言葉

を頂きました。事前にクリニックの施設基準、患者傾向、医学管理の種類

検査の種類をお聞きし、すべて実践的な授業をさせて頂きました。

医科点数早見表(医学通信社)には訳1500ページにわたり点数の解説

が記入されています。その2/3は病床のある病院が対象項目。

内科診療所に特化した学習をすれば更にその2/3。

クリニックが実施していることだけの学習をすれば更にその2/3。

弊社は、接遇学習、医師との付き合い方、看護師との付き合い方・・

患者さんからのクレーム対応方法なども授業のなかでお話しします。

受講者は、単に医療点数を覚えるだけではなく、医療現場知識を

広範囲でお話しさせて頂きます。

弊社のめざす、実践型診療所向け医療事務の目的が見事に実現出来た事例

でした。

医療事務の資格があるけれど、実務が不安という方、新規開業で採用した

スタッフの教育が不安という経営者のかた、短時間で特定の医療機関が要望

する学習を当社は提供しています。

 

思い立ったが吉日、レッツチャレンジ

 

 

調剤薬局事務講座についてのお問い合わせ
Copyright© 愛知県岡崎市の株式会社ウィルウェル Co. All Rights Reserved.